スプロール 現象。 コンパクトシティとは?定義や意義、現状・今後の方向性を徹底解説

スプロール現象についてわかりやすく解説

スプロール 現象

スプロール現象とは 日本は戦後1960年代以降、急速に経済成長を遂げ、産業構造の転換もあり、人口や産業の多くが大都市へ集中するといった現象が起こりました。 急速に都市化が進んだのです。 その当時、大都市では住宅の不足、通勤の問題、交通の問題、公害問題、秩序のない都市開発などさまざまな問題を抱えていました。 そこで政府は交通インフラを整備し拡大をしたり、住宅の不足に対応するため、郊外にニュータウンを整備しました。 市街地の公害防止や工場用地の需要に対応するために工場団地の整備などが積極的に進められました。 しかしあまりに需要が大きく開発が追いつかなかったために郊外の農地や山林だった場所が虫食いのように宅地化されるといったことが起こりました。 郊外部に無秩序に住宅地が拡大していき、住宅地に最低限必要な排水設備や道路、公園などが十分に整備されないままの市街地が形成されてしまったのです。 その結果、後から追うような形で道路などの整備を行うことになり非常に効率の悪い公共投資を余儀なくされてしまいました。 このように市街地が計画的でなく無秩序に拡大する現象ことを「スプロール現象」といいます。 スプロールとは「虫食い」という意味です。 高度成長期には憧れだったニュータウンの今 1960年代から半世紀以上が経った今、当時多くの人が憧れたニュータウンでは深刻な高齢化や空き家問題が大きな課題となっています。 農地や山林を切り開いて開発したニュータウンは坂道や階段が多くあります。 また駅から徒歩20分以上かかるという場所も少なくありません。 交通の便が悪い立地では新しく入居する人が少なく、空き家化が加速しています。 庭に草が生い茂った空き家が多い地域は治安の不安も大きくなります。 また高齢者の割合が多い地域では新しく都市開発が進められることも少なく、若い世代の人にとってなかなか魅力を感じてもらえないというのが現状です。 今多くのニュータウンでは再生が課題となっています。 しかし今ニュータウンの再生に積極的に取り組む自治体も増えてきています。 もしニュータウンに空き家をお持ちでしたら自治体でどのような再生計画に取り組んでいるかをまず調べていただくのが良いと思います。 空き家の販売をもしお考えであれば、ニュータウンに限らず家がある場所がどういった環境であるかを良く知った上で検討することが大事です。 もし空き家を売りたい、お持ちの空き家の価値を知りたいとお考えでしたらにご相談くださいませ。 投稿者 投稿日:.

次の

地方都市のコンパクトシティ化が動き出した〜国が目指す将来の都市像とは〜

スプロール 現象

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます スプロール現象 - Wikipediaはてなブックマーク - スプロール現象 - Wikipedia プレビュー スプロール現象 - Wikipediaはてなブックマーク - スプロール現象 - Wikipedia スプロール現象 - Wikipedia このにはのがあり。 やページでのにご協力ください。 出典がまったく示さ... 続きを表示 このにはのがあり。 やページでのにご協力ください。 出典がまったく示されていな不十分です。 内容に関する文献やがです。 () が含ているおそれがあり。 () (げんしょう、urban sprawl)とは、にはがに拡大してゆくを指す。 とも言う。 「」とは「虫食い」の[1]。 [] が発展拡大する、に向かってが拡大するが、この際にな開発を行うことをと呼ぶ[2]。 ながされず、虫食いに化が進む様子を指す。 通常、の小規模ななどがに開発される、周囲のとのはあされないまま、もっぱらそのの形状に合わせて、などが整備される。 このため、開発内• ブックマークしたユーザー•

次の

スプロール現象の何がいけないのでしょうか?都市が拡大することのどこが駄目...

スプロール 現象

スプロール現象と言われるのは都市が発展拡大して行く場合周辺部、郊外に向かって徐々に市街地が拡大していきますがこの拡大化を見た場合に無秩序な開発が行われそのような無秩序的な拡大をスプロール化と言いますのでこの無秩序という事がいろんな都市問題の根源に成る場合が多いのでこれが行けないという根源い成ると思います 都市が拡大して反映することは良いかどうかという根本的な問題もありますが、仕事があり経済的に豊かなところには人が集まって来てますし、ますます反映することは良いことなのかもしれませんが、それが日本のように拡大して行く段階で無秩序に計画的な街路が形成されず、大量交通機関も整備されず、民間業者による虫食い状態に宅地化が進んで行くとそれぞれの街ブロックの関連性、相互性が無く悪質な住環境に成り、防災面でも貧弱な街に成るのです スプロール化がいったん進展した後はこの改善は大変困難になるため、莫大な資金を投資してもなかなか進行しません このように都市が大きく成って行くと必ずドーナツ化現象が発生します、土地価格は高騰し、都心までの距離時間が大きくなり、無秩序な郊外化は大資本による新たな周辺部での経済活動によって都心の荒廃を生んでいきます こういう現象は長い目で見れば都市そのものの活力を欠く方向に成り都市の衰退につながるのです 都心の荒廃 何がいけないのかは、それを評価する人の立場や観点によって変わります。 社会科の授業などでは「スプロール現象」はどちらかというとマイナスのイメージで伝えられるでしょうが、 これは主に都市計画的な観点に立った場合ですね。 郊外のスプロール的開発は、多くの場合従前から土地を持っていた農家の地主的発想から起きるわけですが、そうすると都市計画のコントロールの枠組みから抜け落ちやすく(規制しにくく)、結果的に住宅や事業用地(小さな工場や事務所、小売店など)と農地が混在したような地域ができてしまう・・・そうすると、上下水道や道路などのインフラ整備で効率が悪いというようなことになります。 じゃあ、スプロールにならないようにするには、行政が主導して宅地化が進む前に大々的に土地区画整理事業を行うか、大手の不動産会社が大規模な宅地開発に乗り出してくれるのを待つか・・・というようなことになりますが、 土地区画整理事業はかなりのノウハウが必要ですし、資金や事業期間も考えると、そう容易なことではありません。 大手不動産会社は、東京や大阪のような、あるいは現在人口が100万人くらいになっているような大都市なら積極的に事業をするでしょうけど、採算が合うかどうか判らない地方都市で宅地開発などほとんどしません。 でも、その一方で地方都市でも高度成長期には都市に人口がある程度集まり、住宅需要があったわけです。 そういう人たちの多くは、スプロール的に開発された住宅地を取得して住みました。 つまり、スプロール的な開発も彼らへ住宅を供給すると言う重要な役割を担ったわけです。 また、農地と住宅が入り混じる環境と、住宅ばかりが延々立ち並ぶ環境とどっちを好むか、これも人それぞれといったところでしょう。 加えて、大規模に一体的に整備された住宅地は、開発から30~40年経って、今では地域住民の高齢化が問題になっています。 開発されて販売が始まると、そこに入居する人たちは多くが30~40歳代(とその子ども)なので、子どもが成長して出て行ったあとは一気に高齢化が進みます。 そういう地区では小売業の経営が成り立たなくなってスーパーが閉鎖されたり・・・いわゆるフードデザート問題なんていうのも最近は指摘されます。 一方、スプロール地区は長年にわたって少しずつ開発された結果、多様な年齢層が混住するという結果になっているようなところもあります。 どっちも良し悪しありますね。 もう一つの「都市の拡大」ですが、これもいろいろな見方ができます。 また、都市によっても事情が変わります。 日本の場合、東京や大阪では高度経済成長期に「過密」が問題になりました。 で、開発を郊外に誘導するような政策がとられましたが、それは不動産業者や土木建設事業者の利益を重視した面も否定できません。 当時、拡大をなるべく抑制して、都心やその周辺でより高密度で快適な環境を創るという発想には至らなかったのですが、それで良かったのか、都市の「適正な密度」を再検討しようというような研究もあります。 一方、都市の拡大は地方都市でも起こりました。 東京や大阪では、実際に膨らむ人口に緊急に対応して宅地を供給するためにも郊外に団地を開発して・・・という流れは必然だったとしても、地方都市でも郊外開発を進める必要があったのか?という疑問はあります。 結局、郊外で新規に開発すると言うのが、不動産業者にとってはうま味が大きいので・・・.

次の